※ <ぶんち・べあ>ではオーダー制作はしておりません。

でも『「いつまでに完成させます」「かならず完成させられます」というお約束はできませんが「やってみるかもしれません」、それでも良ければ…』という『リクエスト制作』をさせて頂くことは「あります」。
(判りにくいですが…)
オーダーをお受けしないのは、まったく同じお顔の子を作れる技量がないことと、たとえ他の方が「似てる、これでいいです」と思われたとしても、自分自身で納得していない子を誕生させて新しいお家に行かせるのは、生みの親としてしたくないからなのです。

何か、高飛車だと思われる方もおられるかも知れません…
でも、自分自身で「手放したくない!」と思うほど惚れ込んだ子でなければ、お家探しはできない…という親心、どうかお察しくださいませね。

********


さて、このたびのリクエスト制作は、Kさまからリクエストのありました猫ちゃんです。
(お待たせして数ヶ月経ちます・汗)

やっと形になったので、お披露目です〜☆
f0330735_19472241.jpg

#1/2018/1/6

Kさまのお宅の、立派なメインクーンちゃんがモデル。

メ、メインクーンって… すごくゴージャスな猫ちゃんだよね………(汗)
しかも、Kさまのお宅のももちゃんはすごくエレガントなイケメンさんです(私、女の子だと勘違いしてましたが、男の子だそうです…)。
お色味だけは、こんな感じなのですが………
写真のこのコ、ゴージャスさは微塵も無い(^^;)

でも昨年9月頃にテストで作った子の感じで「大丈夫です」と仰ってくださったので、
そのテストの子からスケールダウンして、身長16センチ程度(立っちで)のこのコが生まれました。
体重は170グラムで程よく手に収まる重さです。

アクリルファー、モヘア、イングリッシュグラスアイ(イエロー×ブラック)、5ハードボードジョイントを使用していて頭と手足が動きます。
詰め物はステンレスボールと化せん綿、シマシマはペイントで入れています。
シッポにもステンレスボールが入っていますので、お座りも安定してます(自立はしません)。

f0330735_19532703.jpg

手に載せてる画像で、大きさが大体判るかな…


f0330735_19554572.jpg

f0330735_19564619.jpg

f0330735_19571561.jpg

f0330735_19574962.jpg
いたずらっこちゃんな感じが可愛いでしょう?
とっても楽しい制作でしたよ(^^)♡
どうかな、気に入ってもらえるでしょうか…。

Kさまにさらにご相談なのですが、
モデルのももちゃんの身体のシマシマはどうなっているでしょう?

お背中のお写真があれば、それもペイントで入れますので、お写真をお見せ頂ければ嬉しいです(^^)




※ オーダー制作とリクエスト制作の違いは?

このように、リクエスト制作させて頂いたコは、ブログで画像を確認して頂き、その上で気に入って頂ければお迎えを頂く、という流れになりますが、もしも気に入らない場合は、お迎えの義務はありません…そこが、私にとってのオーダー制作とリクエスト制作の差かなあ、と考えています。

オーダー制作というのは、ご依頼のコを特別にお作りするので、まずはいつ頃までにお納めしますというお約束をいたします。
また、生地の仕入れからすべて、そのコのためだけにいたしますので、ご入金を全額先に承り、いかなる場合でもキャンセルは不可、となります。
(ただし、上に書いたように現在承っておりませんので、どうぞご了承ください…)

リクエスト制作は、「出来るかどうかわからないけど、やってみます」というものです。
納期のお約束はできません。つまり、いつまでに出来るかはわかりません。また、「絶対に作りますよ」というお約束も、しかねます。なので、完成はご依頼主様が忘れた頃になるかもしれません。
そのため、画像で見て頂いて気に入らなければお迎えなさらなくてもかまいません。ということで、キャンセル可、なのです(笑)。
そして、大変残念なのですが、キャンセルの場合「うーん、できたらもう一回頑張って作り直してみて?」というご希望にはお応え出来ません……(><。)なぜなら、リクエストでお作りして画像をお見せ出来たということは、私にとっては納得が行って、手放したくない可愛い子に生まれたということなのです。つまりそれ以上の作り直しをする理由が無いのです…

ただし、こういうのは、作家様によってそれぞれ考えかたが違うと思います。
ですので、これはあくまでも私の場合だけ、とお考えください。


※ もしも、「気に入らない場合は」作ったコはどうなっちゃうの?

画像を見て頂いて、「うーん、違うなあ」と思われた場合は、お迎えされなくても大丈夫です。
その場合は、イベントなどに連れて行き、新しいお家を探すことになりますので、どうぞご安心ください(^^)

ただ、リクエスト制作自体も、沢山は承ることが出来ないのが現状です。
今年は3月の恵比寿に加え、7月のコンベンションの出店やコンテストへの挑戦も控えていますので……
ぜひご理解と応援をいただけますよう、お願い申し上げます(^^)♡



<イラストワークショップについてのお知らせは、次回かならず…>105.png


[PR]
# by bearbunch | 2018-01-06 20:55 | ハンドメイド。 | Comments(0)

今年最後のイラスト♡

ずっと描きたかった絵を、描きました。

…というか、
描かせて頂いた、ですね。

さとうしょうこさんのベアちゃんです。
(このお写真は、私の描いた絵を、さとうさんがご自分のベアと並べて撮影してくださったものを、許可を得てこちらに転載しています)

f0330735_20051351.jpg
もう〜〜〜〜、ホント可愛い〜〜……!
うさちゃんを大事そうに抱えているんですよ♡
このうさちゃんもすごいキュートでしょ!?
優しい表情で120%癒し系のベアちゃん&ウサちゃんです162.png


このコたちは、今年のコンベンションで、マスターズクラスのコンテストに出品されたクマさんなのですが、さとうさんにしてはすごく大きいコ(バンザイしてるチビクマちゃんはコンテストにはいなかったんですけどネ^^)。

その頃、ブログにこの子のお写真を載せていらしたのですが、その時からいつかこのコたちを描きたいなあ〜…と思い、コッソリパソコンにお写真を保存させて頂きました。とは言いつつ、うっかりこんなに時が経ってしまって。
もう年末になっちゃったんですけど、どうにかクリスマスに間に合いました。

お写真だけを頼りに、楽しんで描きましたよ〜〜。
レースのあたりは、写真だけだとよく分からないのでちょっと適当なんですが(笑)


今回、【どの子を描きますよ】とはまったくお伝えせずに制作しました。
たまにはこんなドッキリ(?)なイラストプレゼントも楽しいネ(^^)♪



※ <ぶんち・べあ>ではイラストのワークショップを予定しています。

  日程は、今のところ 来年1月25日(木)の午後、13:30くらいから。
  場所は JR京浜東北線 蕨駅西口から徒歩5分「ボヌール・アンジェラ」テディベア教室内 です。

  今出来てるチラシを下に乗せておきますね〜(^^)♡ 画像小さいのでよく見えないかもですが、詳細については、次回のブログでお知らせいたします。

f0330735_20230424.jpg


[PR]
# by bearbunch | 2017-12-24 20:30 | イラスト | Comments(0)

ゆっくりと

ネイチャーアニマルワンダーランド以来、少しお休みしていましたが、ゆっくりと活動を開始しています。

先週は、クリーマさんで新着作品の特集ページにぶんちっ子をピックアップして頂きました。
(まだクリーマでお迎えを待っていますので、よろしければのぞいてみてくださいね)

クリーマにてお迎え待ちの子(2匹います)は、1月上旬頃に展示作品にさせて頂きますので、ご了承くださいませ。


毎日、ひとつひとつ、やらなくてはならないことに手を付けて。
ひとつひとつ、前に進んでいる感じです…
年末年始は出勤が多くてバタバタですが、リクエストを頂いているコを優先的に手がけて行く予定です。
(ネコちゃんをお待ちのKさま、アルフォンゾレッドのコをお待ちのPさま、大変永らくお待たせしております(汗))

ひとまず、その前に
テディベア教室でお世話になっているボヌール・アンジェラのクリスマスイベントのために、ピンク色のクマちゃんをひとつ、仕上げました。

毎年お教室のツリーにぶら下げるベアをみんなで作るのですが、今年の課題は「ピンク色」の子。
ささっと作ってしまおう、と思っていたのですが、作り始めたら思いのほか凝ってしまい……
クリスマスイベントは25日までなのに、昨日やっと出来た!次第です。

f0330735_00124685.jpg
奇麗なピンクのアクリルモヘアなのに、ペイントで汚しました…かなり思いっきり(^^;)
で、ピンク一色ではつまらなくなって、サーモンピンクの手足にブルーのアンティークリボンを…

f0330735_00124981.jpg
凝り始めると止まらなくて、結局こってり作ってしまいました(笑)

f0330735_00131210.jpg
ツリーにぶら下げるので、一時的に頭の後ろにヒモを通していますが、展示が終わればはずすつもりです。
リボンはフランスアンティーク。
お腹の中身は、ぶら下げることを考えて、軽めのプラスチックペレットです。
大きさは15センチくらい。
後でステンレスボールに替えて、重みを出しても良いかも知れませんね。

アイは、モリリンさんのピンク色のポンチ目です。

私はあんまりポンチ目使わないのですが、つい可愛くて買ってしまいます(^^)
で、この子も普段の私だとあんまりやらないお顔ですよね…
目鼻と口のバランス自体は、いつものMIELさんと同じなんですが、実はこの子は、初めて挑戦した「パンケーキタイプの頭の子」なんです。
頭が、ぺたんこなんですよ。
テスト段階なので、ちょっとまだ、安定しません…なので、この子のお家探しは考えていません。



***


今年1年は、始まりから痛い年でした。
私にとっての今年の漢字は【痛】かもしれません。

婚約者の叔父様とお父様が亡くなり
その他にもお世話になった方や大事なお友達のご親族が亡くなられました。
10年間ずっと介護して来た母も、10月に逝ってしまいました……

母の逝去以来、私自身も身体に変調を来たし、信じられないくらいの衰えを感じて、焦りました。
衰え…というか、衝撃のあまり髪が真っ白になる、というのに近い体験をしました。
生きて行くことに意味を感じるのが億劫になり、一体、この先どんな良い未来があるというんだろう、と思うまでになったり。
何を見ても否定的な気持ちしか起こらなかったり……

でも、そんな気持ちとは裏腹に
手が動くなら、
目が見えているなら、
ベアを作っていたほうがなんだか楽なのです。
…いえ、
止まってしまうと、凹むだけだ、と分かりました。

今でも、母が亡くなるときの一部始終が脳裏に蘇ると、何をしていても涙が零れてすべて中断しなくてはならないといったことはあります(私だけが臨終に間に合い、息を引き取るまで、母を見守りました。親の死に目に会えた、というのは良いことなのかもしれませんが、私にとっては重過ぎました)。
でも、だんだんと忘れていられる時間が多くなってきました。

無心にベアを作っているときは、悲しいシーンを思い出すことはありません。

絵も、描きました。
お友達のベビちゃんを描かせて頂いて、赤ちゃんの笑顔の持つパワーに癒されました。
(逝ってしまうものがある分、生まれて来るものの力は素晴らしいですね…)

来年は【痛】なんかではなく【翔】とか【光】とかの漢字がぴったりな1年になればいいな、と思います。

でも、ゆっくりと…
ゆっくり、再生して行ければと思います。
これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。









[PR]
# by bearbunch | 2017-12-22 00:49 | 日々のつぶやき。 | Comments(0)

f0330735_16144247.jpg
私の過去日記でご覧になった方には周知の通りですが、私は、いわゆる『人の祈りが届くような神様』の存在を信じていません。

でも、人間の「思い」を聴いている、何か自然の偉大な力があるだろうことは確信しています。

願いを掛けたくてどうしようもない時、
大事な人を守って欲しい時は、
その、神ではない、自然の偉大な力に祈ることは、きっと有効なのではないかな、と思います。


今、私には、守って欲しい人がいます…
精一杯、祈りたいと思っています。
10年前、母が倒れたときのことが胸に蘇り、我がことのようにある人の無事を祈らずにいられないのです。
そのため、ほんの少しですが、ブログを休止します。


※ここでお約束した、クリーマさんへの出品は予定通り行いますので、今週末を目処にクリーマさんをのぞいてみて頂ければ幸いです。今のところ、出品は12月9日(土)午後21時、を予定しています。

尚、公平を期すため、それより以前の在庫状況や購入に関するお問い合わせは、どうかご遠慮ください。




[PR]
# by bearbunch | 2017-12-08 16:17 | 日々のつぶやき。 | Comments(0)

イベントにおける反省点

今回は、お写真無しです。
タイトルもなんか、学生の反省文みたいですが…

イベントに出店するようになって、いくつか真剣に悩んだり、迷ったりすることが出て来ました。
今回のネイアニでも、頭を抱えてしまうような反省点があり…。

読んでもあんまり面白くはないと思うので、興味の無い方はスルー頂ければ幸いですが、今後の販売形態についても考え直しをしようと思っていますので、もしも万が一、お時間がありましたら、ここから下を読んでみて頂けると有り難いかな、と思います。



********



ぶんちは、現在のところ、イベントと、クリーマさんでのみ、ベアちゃんのお迎えを頂いています。

例外は、一度どこかでご購入頂いた方から直にお問い合わせがあった場合、です。
リピーターのお客様から、SNS(Twitterかインスタグラム)のダイレクトメール、もしくは携帯へのメールやお電話で直にお迎えご希望を頂いた場合には、そちらを優先して個人的取引を行なっています(もちろん、いつでもそのご希望にお応え出来るわけではありませんが…)。


イベントでは、お迎え頂いた方に、次回のイベントのご招待状をお送りするため、お名前やご住所の記帳をお願いしています(もちろん、これは任意ですので、個人情報を残したくない方にまではお勧めはしていません)。
ご記帳いただいたお客様には、お礼状や案内状を送ったり、時にはクリスマスカードをお送りすることもあります。なので、有り難いことに、私宛に年賀状を送ってくださるお客様もいらっしゃいます(今年は、10月末に母が亡くなったばかりなので、年賀状は辞退いたします…申し訳有りません)。
また、クリーマさんで購入の場合も、ベアちゃんをお送りするため、当然お客様は、ぶんちの家の電話番号や住所をご存じです。

なので、一度どこかでお迎えをくださった方は、私の連絡先をご存じの方が多いのです。
直に携帯にお問い合わせを頂くのは、そういった事情からです。



一方、それ以外の場合には(例えば、ツイッター、インスタグラムなどのダイレクトメッセージ、クリーマのお問い合わせ機能などを使って初めての方からお問い合わせがあった場合)防犯上の理由で、住所や電話番号や、プライベートなメールアドレスをすぐにお教えすることは、ほとんどありません。
そのため、どうしても連絡が付きにくい、ということが生じます。
昨今はちょっとしたことでプライバシーが漏洩し、怖い事件に結びつくことが本当にあるため、メールアドレスもそのままズバリをどこかに載せる、というのはしていません。 

本当は、お客様からのお問い合わせですから、どこにどうご連絡があろうと、迅速に対応するのが筋、と思います。
でも、私や他の作家様もそうですが、作家で、販売を行っているとはいえ、普通の主婦だったり普通のお母さんだったりします。なので、どうしても、家庭のことや子どものこと優先になってしまいがちです…

お店をやっているのだから、本当はお客様第一!にしなくちゃならないのですが、実際は、まず家庭のこと、子どもやご近所のこと、そして自分の仕事のこと、になります。私はことに、シングルマザーで、3人の息子を育てながら、自分もほぼフルタイムで働いています。その合間合間に、作家活動をし、ベアちゃんのお迎えを頂く感じなのです。



一体、何が言いたいのかといいますと…


今回、ネイアニの終了後、このブログに、クリーマさんへ居残り組を出します、と書きました。
そうしましたら、嬉しいことに複数のお客様から「このベアちゃんは、まだいますか?」というお問い合わせを、ほぼ同時に頂いたのです。
ところが、それぞれが違う手段でのご連絡だったため、それらに対して、私が手際良く対応出来なかったのです。
そのために、せっかく初めてお問い合わせを頂いたお客様に、悲しい思いをさせてしまいました。


細かいことは伏せますが…

そのことが、私自身の中で、今とても大きくのしかかっていて、どうにか出来なかったのかと自分を責める要因となっています。


あまり良く考えず、直にお電話を下さったリピーターの方にお迎えを頂くことに決めてしまいましたが、初めてお問い合わせをくださった方にしてみれば、「もっと連絡がちゃんと取れるようにしておいてくれれば、こちらの方がきっと先だったのに!」との思いが残ってしまったのです。
そればかりか、結局初めての問い合わせでは、リピーターさんよりもないがしろにされてしまう、と感じさせてしまった。
どんな理由であろうとも、これは100%、私が悪いです…

私自身も、目の前でお目当ての作家さんのベアちゃんが他の方にお迎えされて、しょんぼり帰ったことが何度もありました。

それが先着順ならまだ諦めもつきますが、ご自分は連絡しようとしていたのにぶんちの方の不手際で連絡がつかなくて、その間に他の方が…となれば、不愉快極まりないことでしょう…

もちろん、お電話を下さったリピーターさんには、何の落ち度もありません。
ただただ、私の準備不足、配慮不足が招いた事態です。

お断りをしたお客様には、残念な思い、不快な思いだけを抱かせてしまいました……
どんなに謝っても、謝りきれません。

また、このブログで「クリーマに出します」という記事を目にして、クリーマさんへの出品を待たれていた方に対しても、もしかしたら残念な思いをさせてしまうことになるのかもしれません…


本当に、配慮が足りなかった、と思います。



自分もお客さんだった時、どうしてもらったら嬉しかったか、なぜ思い出せなかったんだろう?
自分がないがしろにされたような感じというのは、すごくイヤな思いになって残ります。
きっと、ぶんち・べあのことも、嫌いになってしまわれるのではないかしら……(><。
それでも、仕方ない、と思いますが…。

辛い時、悲しい時、誰かの支えになってくれればと思って作っているベアなのに、そんなことでは作家失格です……

でも、どうしたら許してもらえるかしらと考えるのは、やはり自分のことしか考えていない、ってことになってしまう。
ウチのコたちを、お迎えしてくださるお客様のことを考えたら、二度とこういうバカなことをしでかさないことだ、と思いました。



よくよく考えた挙げ句、やっぱり、お迎えに関するガイドラインをきちんと設けた方が良いですよね。(そんなこと、ベテランの人気作家さんがするものだと思っていました……)←こういうのがイカンのです

複数のお迎え希望がひとつの作品に対してあった場合は、どうするか。
先着順、というのが一般的ですが、それはイベント等の場合だけだと思います。
ご連絡の先着順で抽選券をお配りし、締め切りを設けて、その後に立会人のもと、抽選を行って決定、というかたちが一番公平でしょうか……

ただ、クリーマさんの場合はどうしてもサイトの構造上、先着順になってしまいますよね…。
そうすると、告知の時間にサイトにアクセスして、時計とにらめっこしていた人だけがゲットすることになりますよね…。
それはそれで、正しいことだとは思うのですが、すべての人がそう出来るわけではないし……。
うーん……。


すべての方に満足して頂こうなんて、八方美人すぎ、思い上がりも甚だしい!という声も頭の中で響いて来ます…
でも、出来る限り、どの方にだって、嫌な思いとか、残念な思いをさせたくはない。
それが本音なのです。
良い案が浮かばなくて、困っています。
でも、そんなこと言ってる場合じゃないよ。
なんとかしなくちゃ。



今回のネイアニでは、デビュ―以来最大の反省点が出現しました。
でも、これを乗り越えないと、続けて行けない、と思うのです……



[PR]
# by bearbunch | 2017-12-06 01:42 | 日々のつぶやき。 | Comments(0)