「ももちゃん」が3匹誕生しましたところで、長いことお待たせしていましたが、
Creemaさんでお家探しをしたいと思います。
https://www.creema.jp/c/bearbunchsworkbasket/item/display
3月の恵比寿フェス以後、やっとの出品です…

f0330735_14051039.jpg

全部で4匹いますが、今回お家探しをするのは左下の子と真ん中上の子の2匹です。
(お写真の遠近の案配で後ろがなんだか細長く写ってしまってます、すみません><。。)

下段真ん中と右端の子はお家が決まっています。

以前のブログでご紹介した通り、「ももちゃん」たちの養育費は、保護猫活動に充てさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。


f0330735_19100302.jpg
ももちゃんシリーズは、全員後ろ姿はほぼおんなじ。
私にも見分けがつきません(笑)
キジトラ模様、ですかね。



お家探しは、5月10日21:00頃からですが、
現在は「展示」状態になっていますので、ぜひ見に来てくださいね〜〜。

<訂正とお詫び>
(><;)先ほどまで、販売開始時間が5月21日21:00〜になっていました!!
ご指摘くださったmさん、ありがとうございました!
正しくは、5月10日21:00頃〜です、申し訳ありません!!


販売については、
「展示」から「販売」へモードを変えるのに、多少もたつくと思われますので(汗)、21:00をちょっと過ぎるかも知れません。ごめんなさい。

※「ももちゃん」のオーダー制作ですが、今しばらくはお受けすることが出来ません。
7月のコンベンションの作品、なーんにも作ってないんですよ…恐ろしいことに(^^;)
これからしばし、そっちに専念したいと思います。




あと、同時にこの子… ピンクのベアちゃんも出品しています。

f0330735_13582493.jpg
このコはニギニギしがいがありますよ〜〜(笑)
触り心地は抜群です。
砂糖菓子みたいなので「スプーンシュガー」ちゃんと呼ぶことにしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

※このコと同じタイプのコで、ピンクのポンチ目の子がまだお迎え待ちをしています。
お迎えご希望のMさま、まだお預かりしていますので気が付いたらメッセくださいね〜〜〜(^^)



[PR]
# by bearbunch | 2018-05-09 14:10 | 通販について | Comments(0)

同じお顔を作るのはとても大変なのですが、精神統一してじっくりやれば、ある程度は出来るようになって来ました。

f0330735_19061153.jpg
どの子を最初に作ったか、もはやこうして見ると自分でも分からないときがあります。

(正解は…… ナイショw)

実は以前にも書いたことがありますが、
意識して同じお顔の子を作ろうとしても、大体後から出来上がる子の方が可愛くなって行くのです(笑)

でも、「可愛い」の感覚は人それぞれですから実際のところはよく分かりませんけども。


f0330735_19094133.jpg
f0330735_19094997.jpg

f0330735_19095612.jpg


f0330735_19100302.jpg

f0330735_19102681.jpg

この子たちの名前は「ももちゃん」。
このカラーリングの子は全部「ももちゃん」と言います。
もちろん、お迎え後に、その他のお名前を付けて頂くことは一向に構いません。
f0330735_19205711.jpg

このタイプの子は有り難いことにリクエストが多く、お待ち頂いている方もおられますので、まずそちらの方にお迎えを検討頂きまして後、Creemaさんにてお家探しをいたします(恵比寿フェス後にCreemaさんへ出品することが出来ませんでしたので、少ないですがその分とお考えくださいませ)。
今のところは最初に作った子をのぞいて2匹しかいませんが、追ってまた作るつもりでおりますので、もし「ももちゃん」シリーズのご希望がある場合は、気長にお待ち頂ければ…と思っています。

f0330735_19212855.jpg

f0330735_19214473.jpg
「ももちゃん」は、寝転がりにゃんこです。お座りは(できなくはないですが)しませんのでご注意くださいね。



何しろこの子たち、パーツがとても多いんですヨ(私にしては)…
なので、結構技術的に時間がかかる。
お口まわりも、やり直しのきかないハサミでのトリミング一発勝負。
加えてペイントによるシマシマ…

力作なので、その分とても愛着があります(^^)♡

f0330735_19222332.jpg

f0330735_19262459.jpg
横顔だとどれがどっちか分からなーい(^^)w

f0330735_19321567.jpg


f0330735_19324131.jpg
「ももちゃん」たちをどうぞよろしくお願いいたします(^^)♡





[PR]
# by bearbunch | 2018-05-01 19:40 | ハンドメイド。 | Comments(2)

f0330735_23061847.jpg
イベントに連れて行くと、たくさんの方から「この子は販売していないんですか」と訊かれる、このネコちゃん。↓

f0330735_23102559.png
やっと最近、材料の入手などに伴い、この子と同じ子を何体か作れる状況になりました。

この子は、昨年、「出来るかどうかわからないんですけどやってみます」とへっぴり腰でお受けした、リクエストの猫ちゃん…のテスト版、でした。
リクエストを下さったのは、Kりんご様(仮名)。
ご実家にいる「ももちゃん」というメインクーンの猫ちゃんをモデルに、似た子を作って欲しい、ということでした。
かなり長い間お待たせしてしまったのですが、ようやく完成して、「ももちゃん」は無事にKリんご様のお家にお迎えして頂いています。

さて、この度、同じカラーリングのテディキャットを作るにあたり、Kりんご様からは「ももちゃんと同じ毛色の子がたくさん誕生すること」について快く承諾いただきました。
今後、このお色のテディキャット全部を「ももちゃん」と命名したいと思います。
そして、幸いにも「ももちゃん」のお家が決まりました時には、その時頂く『養育費』の一部を、野良猫の保護活動に当てたい、と考えています。

ただし、どこか特定の団体に寄附するのではなく、自宅付近の地域猫の避妊・去勢手術に充当します。
また、そのために料金を上乗せすることはいたしません。

これまでも、私は自分のお給料の中から自由になる分だけを貯金して、我が家に来るようになった雌の猫ちゃんの避妊手術を自主的に行って来ました。搬送用のケージや安心させるためのタオルやペットシーツを買い、会社の休みを利用して、我が家の猫がお世話になっていた獣医さんにアポを取って、入院・手術をお願いしています。

そのための時間や、費用を考えると(仕事しながらなので、一回やるのに3日がかりです。アポ取っていても、猫ちゃんがその日に我が家に来るとは限らないので結構綱渡り。獣医さんもそれは承知してくださっているので助かります…)何で私がこのご近所の猫を全部面倒見なきゃならんのよ、と時々理不尽に思いますが、私の住んでいる地域はお年寄りが多く、『ただ可愛い』というだけの理由で餌をやってしまう人が案外多いんですね…
それで居着いた野良猫たちが繁殖して増えてしまう。
幸い、意地悪な人はいないので、野良猫がいじめられるという事件は今のところ無いのですが、
『増える』のはやっぱり拙いのです。
猫ちゃんたちにとっても不幸せですし。

それで、ご近所の方には相談せず(本来なら、餌やりしている人すべてに呼びかけて、手術費用を折半して欲しいところです)自主的に、出来る分だけを我が家でやっている、という状況です。
(それでも、一匹3万円前後はかかりますよね。市の補助金を受けるのにも、一度全額負担してからですし…)

我が家は母子家庭ですから決して裕福ではありません。
でも、地域の責任として、本当の猫ちゃん好きとして、しなくてはならないと感じて行動しています。


我が家の保護猫活動のお話はこちら。→ https://bearbunch.exblog.jp/28193501/
手術後の野良猫ちゃんのお話はこちら→ https://bearbunch.exblog.jp/28208788/

f0330735_01561613.jpg

さて、この「ももちゃん」のモデルとなった猫さん「ももちゃん」本猫。
実は、Kりんご様のご実家で保護された、捨て猫だったのです。

Kりんご様のご実家には、お庭に迷い込んだり住み着いたりした野良猫ちゃんが何匹も居るそうです。
そんな猫ちゃんたちを保護して、お家に迎え入れているのだとか。
ももちゃんも、そんな迷い猫たちの一匹でした。

約3年前、庭の野良猫たちの中に、いつの間にか混ざっている子猫を見つけたKリンゴさん。
まだ小さくて、でも人一倍なつこくて、よく見る野良とは違って、どう見ても洋猫???
でも、お腹の横にかじられて毛が抜けた傷があって、まだ生々しく血がにじんで固まっていたそうです。

お医者さんに診てもらうと、なんとマイクロチップが入っていたそうな。
そう、ペットショップで売られていた子だったのです。

飼い主を捜して、連絡しました。
うっかり逃げ出して迷子になってしまって、飼い主さんは必死で探しているかも知れない、と思ったんですね。
ところが、電話に出たのは若い女の子の声で
「もう引き取らない」と。

一緒に住んでいた彼氏に、誕生日に買ってもらったけど、別れたからもう要らない。
仕事もあるし、お金かかるし、そんなに好きじゃないから要らない、
…って、そう言われたのですって。

涙が出ましたよ……、それで、ウチの子になったのがその子「ももちゃん」なんです、とKりんごさんは仰っていました。

同居しているワンちゃんや、他の猫ちゃんにも優しい、面倒見の良いお兄ちゃんに育ったももちゃんは、今ではKりんごさんのご実家で幸せに暮らしています。


生き物の命を、何とも思っていない人が
世の中には事程左様に多過ぎます……
ただ「可愛い〜」というその場だけの感情で、拾ってしまう、餌をやってしまう。そして、その後の責任は何も取らない…
それは、結果的に残酷な結末を招くことがあります。

「何かしたい」という気持ちがあっても、
Kりんごさんのように、お家に迎え入れて世話をするのは無理、
だから、せめて寄附でもしようかな。
実は私は、当初のほほんとそう思っていました。

ベアをお迎えして頂いたそのお金の一部を、保護団体に寄附。

…でも、それはやっぱり違うかな、と最近思うのです。
それは、我が家の庭にも野良猫たちがやって来るようになったから。
保護団体にお金だけ渡して、誰かが何かをしてくれるのを待っているだけでは、本当の保護活動とは言えないんじゃないかな。
今目の前に居る子たちに、今自分のできることをしなくては。
っつか、それが出来なきゃ猫が好きとか言えないでしょう、と。
(ええかっこしい、みたいになってますが… 別に、イイカッコしたいわけじゃなく(笑)ていうか、そんなひねくれた考え方する人はその人の心根が悪いだけ)笑。


もちろん、猫ちゃんに避妊手術施しました…という証拠は、何もないかもしれません。
お医者さんの領収書をここに写真撮って上げるのでいいのなら、そうしましょう。
ただ、上記にもある通り、「そのためにお迎え費用に上乗せすることはしていません」ので、信用頂くしかないかもしれませんね。
(こんなことを書くのは、こうした100%善意のボラ活動に対して、かならず根も葉もない中傷をするひとが一部居るからです。悲しいことですが…)

「ももちゃん」の飼い主Kりんごさんのように、100%猫たちのことを考えて行動をする人はたくさんおられます。
今回「ももちゃん」のお話を載せたのは、この記事を読んで、ひとりでも多くの方に、自分に「今できること、今動けること」を見つけて実際に行動に移して欲しい、と考えるからです。

テディベアにできること。
夏の日本テディベアコンベンションのサブタイに、そう付けられているのですが、
これも、テディベアにできること…なのかもしれませんね。







[PR]
# by bearbunch | 2018-04-16 15:57 | ハンドメイド。 | Comments(0)

タイムロマンさんのブログに、販売方法などの詳細が記載されています。ぜひご覧下さい(^^)
(エルサちゃんのお写真は、一番上の列に載せて頂いてます〜♡)
f0330735_01112454.jpg
この子は既出の白猫エルサちゃん。
4月20日からの、神戸タイムロマンさんの作品展「ニャンとも可愛い〜猫展」に参加させて頂くことになりました(^^)。

会期中には私は伺えないのですが、今からとても楽しみです。
先日こっそり(?)タイムロマンさんの店舗をお訪ねして来たので、雰囲気も抜群なのも知ってますし…ドキドキというかワクワクですね♪
お近くの方、よろしかったらぜひ行ってみてくださいね〜♡
(詳細については、↑のリンクからご覧になれます)

さて…

最近、猫ちゃんを作る機会がとても多くなって来ました。
グレーとブラウンのアクリルモヘアで出来た寝転がりニャンコ「ももちゃん」も大変好評なので、もう数体作りましたら、クリーマさん、委託ショップさんにてお家探しをしようと思っています。(このところめっっちゃ手が遅くなってます…(汗)…どうか今しばらくお待ちを〜)
また、直接のお問い合わせは、今回はどうかご遠慮頂きますよう、お願い申し上げます。
(イベント会場にて直にご依頼頂いているお客様につきましては、何体か完成後にこちらからご連絡させて頂きますので、何卒それまでお待ち頂けましたら幸いです。)
f0330735_01561613.jpg

実はもともと、私は随分前のブログ記事に(今でもなぜか多くのアクセスを頂く人気記事なんですけど)「ネコは好きじゃないんですが(いつか作りたい)」って言う内容のことを書いていました……けど、そのままなかなか実現しなかったのです。
理由は、単に「出来るかどうかわからなかったから挑戦しなかった」という……(ヘタレ)

ですが、昨年、幾人かのお客様から、
「きっと出来るから作ってみて〜〜、出来るまで待つから!」とリクエストを頂き(笑)、頑張ってみることにしました。
そうして幾度も挑戦して行くうちに、段々と自信の持てる作品が仕上がるようになって来たのです。
これは、本当にリクエストして励ましてくださった方々のおかげ。
私独りであったら、きっと今でも「猫は難しいんだよなあ」とか言って、作ろうとしなかったに違いありません(おい)。

もちろん、いまだに完成形とは言い難いのですが、一応、同じ子を何体も作ってみようと思えるまでのレベルになったことは嬉しい事実です。

これは一重に、応援しながら出来るまで待ってくださった、皆さん方のおかげです……
本当にありがとうございます(^^)!

f0330735_02042713.jpg
※ 次回、このカラーリングの猫「ももちゃん」にまつわる、保護猫のお話を書こうと思っています。




[PR]
# by bearbunch | 2018-04-10 02:13 | イベント。 | Comments(0)

ずっとやるやると言いながら全然やらなくて、もうヤルヤル詐欺なんじゃないの…って感じになっておりましたが(汗)

ようやくスタートです……

<布に描く、ぬいぐるみのデッサン風イラストワークショップ>

f0330735_22533370.jpg
そっくりに描かなくても良いんです。
可愛ければそれでよし♡



<日時> 
2018年4月26日(木) 13:30〜15:30
内容:下記、ステップ1レベルのイラストを完成させます。

<募集人数>
参加は3名様まで。見学だけでもOKです。

<参加費用>
2500円 プラス材料費
(実費/消えるチャコペン、耐水性ピグマ0.3ミリ・布キャンバスなど500〜600円程度。自分のものをお持ちであればチャコペンやピグマなどは持ち込みOKです。スケッチブックと筆記用具などもお持ちであればご持参ください)

<場所> 
bonheur angela  ボヌール・アンジェラ テディベア教室
蕨市中央1-14-11ステップハイツ102 (JR京浜東北線 蕨駅西口から徒歩5分)
近隣にコインパーキングもあります。

※ 午前中は、ボヌール・アンジェラ主催・柴田恵美先生によるテディベア教室があります。
ハンドメイドのテディベアがたくさん飾られた、素敵な室内での講習となります。
教室内ではテディベアや材料の販売も行っています。
テディベア教室も、すごくお勧めですよ!

f0330735_22470014.jpg




実は今まで、「まったく絵心がないんですけど、描けますか?」というお問い合わせに対する答えが、案外曖昧でした(こら)。
根気さえあれば、ある程度はかならず描けるようになります、それは事実です。
けど、その、根気を保ち続けるのが大変なんですよね〜〜………

根気よくやろうと思えるには、出来映えの良い完成品を一度作り上げることが必要です。
もっとやりたくなるモチベーション、というんですか?

学校の美術の授業は、完成度の高いものが出来上がるという保証がなく、全然楽しくなかったですよね(私もそうでした)。
描いたものを家に飾ろうとか、あんまり思えなかったです。
だから、美術はつまらないし、絵を描くのも嫌いになっちゃうんですよね〜。
でも飾りたいくらいのものが出来上がれば、もっとやろうかな、って思えますよね。

でも、完成度の高いものは、いきなり一発目にはムリです。

そこで、完成度はさほど高くはないんだけれども、どうにかインテリアとして飾れる程度のもの、を目指してみましょう、と。



あれこれ考えた挙げ句。
根気がどのくらい続くか、によって、何段階かに分けてみようと考えました。

ステップ1
今回のワークショップでは、このくらいの密度の絵を完成させます。

f0330735_23204483.jpg
モデルさん:みい印さんベア(ぶんち・べあ所蔵)笑。

ステップ2
もうちょっと描き込みます。

f0330735_22533370.jpg
これは私のベア。新しいママのところへ行った子です。
あんまり似てませんね(笑)


ステップ3
ここまで描ければ、もはや私の出る幕はありません。

f0330735_23260256.jpg
これはテディベア図鑑の写真です。実物を見て描くより、写真を見て描く方が楽です。




今回は、4月26日(木)の午後2時間で、ステップ1レベルのものを完成させます(モデルは上記のベアではない場合があります)。
募集人数が3名様と少ないのは、お一人お一人に密なお声掛けをしたり、時間内に完成させるため、私が手を加える可能性を考えてのことですので、どうかその点はご理解ください。

今回は、比較的「絵は全然ダメ」という人向けにと考えていますが、
そうでない方も歓迎です。
※ 見学のみの場合は、開催時間内であれば事前予約無しでご自由にのぞきにいらしてくださって結構です(^^)。

ステップ2、ステップ3と進みたい方には、ワークショップ後、続けて通って頂けるよう考えています。
今回は一度限りのワークショップですが、来月以降は連続での講習会を予定していますので、完成するまで何度でも通って頂くことは可能です。ぜひいらしてみてくださいね。

講習会は基本的に、ボヌール・アンジェラテディベア教室の開催日に合わせて行う予定です。
(現在のところ、連続講習会は毎月第2・第4木曜日を予定しています)



<参加ご予約 お申し込み方法>

「イラストワークショップ参加希望」と記して以下のメールアドレスへ直接ご連絡頂くか、
SNSのダイレクトメッセージにお願いいたします。(先着順ではありません)
お申し込み締め切りは、開催日前日まで(4月25日まで)。

kuhdaibunch☆lily.odn.ne.jp(☆を@に差し替えてください)
Twitter→ https://twitter.com/buncho900
インスタ→ https://www.instagram.com/bearbunch/ 

お申し込みが募集人数を超えた場合は(そんなことあるとは思ってませんが念のためw)、真に申し訳ありませんが抽選とさせて頂きます。

参加申し込みのメールを頂きました後、折り返しメールにてお返事を差し上げますが、日中はなかなかお返事することができません。返信は夜間になってしまいますこと、ご了承頂ければ幸いです。


……誰もいらっしゃらなくても、ぶんち独りで多分絵を描いています。
参加しないけど、私に会いにいらしてくださる…っていうのでもおっけー!!ですよ〜〜〜(^^;)
(なんだこの弱気な発言w)









[PR]
# by bearbunch | 2018-04-06 00:44 | イラスト | Comments(0)